top of page

小学生まで無料!/高橋亮プロデュース『Atoa. Time Vol.3』6/16実施です!



高橋亮プロデュースの新企画「Atoa. Time(あっとあたいむ)」、第3弾を開催いたします!

小学生までは、なんと無料です。

ぜひお気軽にお越しくださいませ。

お会いできることを楽しみにしております!






 


Atoa. Time(あっとあたいむ)とは?


「Atoa. Time(あっとあたいむ)」は、高橋亮プロデュースのイベントです。

特別なひとときを一緒に過ごしていると感じていただければ……。そんな想いで企画いたしました。


英語の「at a time」(同時に、一度に)と「Atoa.」を掛け合わせ名付けております。

皆様のご期待にお応えできるよう、Atoa.の自由自在な表現のひとつの形として気軽にお楽しみいただきたい、という想いが背景にございます。


プロデューサー高橋亮は、「Atoa. Live」で2019年観客を爆笑と熱狂の渦に巻き込んだ、独特のセンスの持ち主。

Atoa. Timeでもそのセンスを如何なく発揮。舞台公演とのギャップに要注目です!

終演後、ほんわりとした気持ちをお届けできれば幸いでございます。


前回Vol.2の写真はこちらより。(Instagramへ)





 

Vol. 3について


Vol. 3のコンセプトは、「つながり」。


今回の特別ゲストは、Atoa.とスペインで共演した書道チーム「Team Akane」と、日頃からAtoa.が書道パフォーマンスを支援している「仙台育英書道部」の2団体。

Atoa.との共演のきっかけや、その後のつながりをトークで明らかにしていきます。


どんなチームなのか?

どんな想いが込められているのか? Atoa.との関係は?

どこがカッコイイのか?などなど。

作品だけでなく、パフォーマーの想いまで伺い知る機会は、なかなかないのでは。

熱い想いを知ると、もっと応援したくなること必至です!


そして、仙台育英書道部は夏の新作を披露します。

今やすっかり有名となった仙台育英の書道パフォーマンス。夏の大会(書道パフォーマンス甲子園)の新作を、Atoa. Timeでどこよりも早くご覧いただけます!


つながりを大切にするAtoa.の一面を、トーク、パフォーマンス、和太鼓でお楽しみいただけるひとときです。どうぞお楽しみに!


 

公演情報


Atoa. Time(あっとあたいむ) Vol.3


日時】

2024年6月16日(日)13:30開場/14:00開演


【場所】

鐘崎総本店笹かま館 七夕ミュージアム(仙台市若林区鶴代町6-65)

地図はこちら


【チケット】

※小学生まで無料、ご予約不要


大人(中学生以上)

前売り:2,500円 

当日 :3,000円(いずれも税込、全席自由)


※小学生までは入場無料、ご予約不要です。

小学生までのお子様連れのお客様は、

①チケット購入時、備考欄にお子様の人数をお知らせください。

②またはLINE公式よりお子様の人数をメッセージでも可です。(人数把握のため)


チケットはこちらから




【出演】

Team Akane(書道パフォーマンス)

仙台育英学園高等学校書道部(書道パフォーマンス)

Atoa.(和太鼓)高橋勅雄、高橋亮、土井柊弥


主催:Atoa.

 

【チラシ担当 土井柊弥よりメッセージ】

今回のゲストは、2団体ともに書を使ったパフォーマンスを行います。

同じ書でも、それぞれ異なる書き方や、想いの伝え方があります。


たとえば炎のような情熱だったり、または水のような穏やかさだったり。

その場にいないと分からない、演者の書のカタチや心のカタチを感じていただきたいと思い、慣れないながらも心を込めデザインしました。


また、黒は墨の色とAtoa.の活動の様子を表現しています。

太鼓で想いを届けるAtoa.のご縁が広がっていくようにと、ひと雫から波紋が広がっていく様子を表現しました。


Atoa.には、炎のような情熱や、水の穏やかさ、それぞれ表現する曲があります。 そのどちらをも、私たちの幅の広さと共に感じていただけるように、との想いも込めています。 皆さまのご来場をお待ちしております!

Atoa. Time Webチラシ

仙台育英書道部のパフォーマンス
仙台育英書道部のパフォーマンス(第三回書道パフォーマンスグランプリ 決勝大会優勝作品「帰一」)
 

「Atoa. Timeって何?」という方は、ぜひこちらの動画も合わせてご覧ください。


#1  Vol.2に向けてVol.1の反省会


#2 プログラムについて



#3 グッズのお知らせ





コメント


bottom of page